【レビュー】株ドラゴンの出来高急増 初動ランキング 7月ランクイン銘柄のその後

Review
この記事は約7分で読めます。

日々Twitterでつぶやいている株ドラゴンの出来高急増 初動ランキング ランクイン銘柄ですが、例のごとくランクイン後の値動きを見ていきたいと思います。
ただ、8月頭に日経平均が急落したので、やらなくてもわかるような気もしますが。。。

株ドラゴンの出来高急増 ランキングをどうやって取得しているかについては、以前の投稿を御覧ください。
Pythonのスクレイピングで株ドラゴンの出来高急増 初動 銘柄 ランキングに初登場した銘柄を抽出する

スポンサーリンク

株ドラゴンの出来高急増 初動ランキング 7月ランクイン銘柄

7月に初めてランクインした銘柄は以下の50銘柄になります。
表右側に各銘柄がランクインした日の終値と2019年8月9日終値時点の価格、ランクイン日からの値上率を載せておきます。
値上率10%以上の銘柄は赤太字、値上率-10%以下の銘柄は青太字にしています。

コード銘柄ランクイン日ランクイン日終値現在値値上率(%)
1973NECネッツエスアイ2019/7/3128312623-7.35
2002日清製粉グループ本社2019/7/2621771991-8.54
2201森永製菓2019/7/1655105030-8.71
2281プリマハム2019/7/3120511959-4.49
2413エムスリー2019/7/26212922827.19
2502アサヒグループホールディングス2019/7/22459148676.01
2769ヴィレッジヴァンガードコーポレーション2019/7/89709992.99
2974大英産業2019/7/2127113103.07
3110日東紡2019/7/102325264013.55
3408サカイオーベックス2019/7/2618311676-8.47
3436SUMCO2019/7/1913861252-9.67
3708特種東海製紙2019/7/1837453645-2.67
4206アイカ工業2019/7/2633203050-8.13
4443Sansan2019/7/16599060300.67
4445リビン・テクノロジーズ2019/7/2358505510-5.81
4559ゼリア新薬工業2019/7/2620011894-5.35
4902コニカミノルタ2019/7/31910762-16.26
4927ポーラ・オルビスホールディングス2019/7/1128282640-6.65
4931新日本製薬2019/7/518001741-3.28
5631日本製鋼所2019/7/2419731702-13.74
5929三和ホールディングス2019/7/3112231151-5.89
6197ソラスト2019/7/22117212385.63
6358酒井重工業2019/7/2529412755-6.32
6861キーエンス2019/7/296215060300-2.98
7012川崎重工業2019/7/3024822093-15.67
7065ユーピーアール2019/7/44210615046.08
7067ブランディングテクノロジー2019/7/2228702528-11.92
7266今仙電機製作所2019/7/26903843-6.64
7677ヤシマキザイ2019/7/81485215945.39
7751キヤノン2019/7/1830362867-5.57
7908KIMOTO2019/7/161781780
7911凸版印刷2019/7/2917611666-5.39
8074ユアサ商事2019/7/1031502871-8.86
8113ユニ・チャーム2019/7/3031463130-0.51
8267イオン2019/7/8188119081.44
8331千葉銀行2019/7/10569522-8.26
8342青森銀行2019/7/1826292503-4.79
8346東邦銀行2019/7/18259243-6.18
8355静岡銀行2019/7/29772703-8.94
8566リコーリース2019/7/1335033600.3
8585オリエントコーポレーション2019/7/51211220.83
8591オリックス2019/7/3015711498.5-4.61
8864空港施設2019/7/26520510-1.92
8890レーサム2019/7/210331010-2.23
8904サンヨーハウジング名古屋2019/7/8963941-2.28
9007小田急電鉄2019/7/825872504-3.21
9384内外トランスライン2019/7/312901208-6.36
9621建設技術研究所2019/7/5154715550.52
9934因幡電機産業2019/7/3150304625-8.05
9987スズケン2019/7/1062605800-7.35

結果は、

  • 50銘柄中13銘柄が値上率プラス(勝率26%)
  • そのうち値上率10%以上の銘柄3銘柄
  • 平均値上率-2.2%

ある程度予想はしていましたが、かなり良くない結果となっています。
あの日経平均の暴落に対し、平均は値上率が-2.2%で収まっているので、そこまでひどくないようにみえるのですが、これはユーピーアールとヤシマキザイの2銘柄のおかげで支えられており、この2銘柄がなければ-4.2%くらいまで下がってしまいます。

【結果】株ドラゴン初動銘柄ランクイン銘柄チャート

それぞれのチャートも見ていきたいと思います。
7月30〜31日のFRBの米利下げの反応が8月1日にあらわれていることを覚えておきつつ、今回は決算発表も跨いでいる銘柄が多いので、決算発表の日付を青破線で示しています。
オレンジ破線はランクインした日付になります。

ざっくり見た感じ、
・決算が良かった銘柄は、FRBに関係なく上げ
・決算が悪かった銘柄は、FRBに関係なく下げ
・8月1日以前に決算が未発表だった銘柄はFRB後に下げ
といったところでしょうか。一概には言えないので難しいです。

そもそも出来高急増ランキングは、値上がり、値下がりのどちらの場合でも出来高が急増するので、10倍株銘柄と異なり、値上がりだけをみるのではなく、値下がり銘柄として空売りの対象として考えるのも良いかと思います。
各銘柄がどちら向きの銘柄なのかは、個別に見ていく必要があるとおもいます。ここでは特に触れません。

今回、初動ランクイン後に急上昇している銘柄として、「7065 ユーピーアール」「7677 ヤシマキザイ」があります。
ユーピーアールの動きはかなり特徴的で、初動ランキングに登場するくらい急上昇した後、一旦25日移動平均線まで下げ、その後決算発表とともににぐんぐん上昇しています。
この手の銘柄はよく見かけるので、今後、急上昇後に落ちてきて25日移動平均線くらいまで下がってきている銘柄があれば要チェックするのが良いかと思います。
ヤシマキザイは今の所、目立った下げもなく上昇してきております。8/13に決算発表がありますが、それまでに25日移動平均線あたりまで下がってきていれば、決算跨ぎリスク覚悟でのっかるのも良い気がします。不安な人は決算跨いだ後に乗っかっても遅くない気はします。

以上、参考になったなという場合はポチっとしておいてもらえると嬉しいです。

 にほんブログ村 株ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました