Linux(Ubuntu)自作PCのパーツ購入

IT
この記事は約3分で読めます。

PCを自作したいなと思った背景はこちらを参照ください。
参考:Linux(Ubuntu)PCを自作し、サーバー化するまでの流れ

スポンサーリンク

自作PCに必要なもの

まずはGPUのパソコンを購入するところからはじめました。以前に友達にパソコンを作ってもらったことがあったのですが、自分で作るのははじめてなので、わからないことだらけでしたが、色々調べながら以下のものが必要ということがわかりました。

【必須】

  • OS
  • CPU
  • マザーボード
  • メモリ
  • ハードディスク(or SSD)
  • 電源
  • PCケース

【あったらいいな】

  • GPU(私にとっては必須)
  • CPUクーラー(CPUを購入すれば付属されますが、もっと高性能のものが欲しい場合)
  • DVDなどのドライブ

購入パーツ

パーツは色々ありすぎてどれがいいのか判断するのは難しかったので、秋葉原に行って店員さんに聞くことにしました。PCパーツを扱っているお店は多数ありますが、有名なところだと「パソコン工房」「ツクモ」「ソフマップ」「ドスパラ」あたりでしょうか。お店によって値段や扱っているメーカーが異なっております。

私はとりあえず一番高額なGPUが多数取り揃えられているところがいいなと思ってお店をまわっていたのですが、ソフマップの店員さんがたまたま親切にしてくれたのでソフマップで購入することにしました。

購入したパーツと金額一覧です。金額に関しては、変動があると思いますので、参考程度に見てください。(電源だけ昔購入したものを利用したのですが、金額を忘れてしまったので不明となっています)
合計で13万円強であり、割と高額かつハイスペックなPCになっております。

今回OSはUbuntuを入れることにしたので、OSの費用は含まれません。

パーツ名メーカー/型番スペック参考値段(円)
CPU Intel core i7-87006core/12thread
Base Clock: 3.2GHz
Boost Clock: 4.60GHz
38,000
マザーボード ASUS TUF390-PLUS GAMING16,500
メモリCORSAIR CMK16GX4M2A2666C16DDR4 PC4-21300
8GBx2枚
13,500
GPUASUS GEFORCE GTX1660Ti PHGTX1660TI06GCore: 536
Base Clock: 1500MHz
Boost Clock: 1815MHz
Memory: 6GB
Architecutre: Turing
PCI-Express 3.0×16
35,000
SSDSAMSUNG MZ-V7S250250GB READ: Up to 3,500MB/sec
WRITE: Max. 3,300 MB/s
9,000
ハードディスクSEAGATE BarraCuda 3.5 ST3000DM0073TB6,300
CPUクーラー虎徹 MarkII SCKTT-20004,300
PCケース FRACTAL DESIGN FDCADEFCBK10,500
電源EarthWatts EA-650-PLATINUM650W Platinum ATX(Haswell対応)不明

コメント

タイトルとURLをコピーしました